記事一覧

REITへの投資

私は世界経済インデックスファンドに投資していますので、現在はREITへの投資は行っていません。

持っていた投資信託を全て売却して、世界経済インデックスファンドに買い換えてしまっている為、実は少し保有していますという事もありません。

投資対象を乗り換える度に売却を繰り返すのは良くありませんので、今後はしないようにしていきたいですが、性格的にスッキリさせたいと思う傾向が強いので致し方ありません。

さて、肝心のREITへの考えなのですが、まずインデックス投資界隈で良く言われている事かと思います。
・株式と値動きがほとんど同じ
・ミドルリスク・ミドルリターンとのふれこみだが市場が小さい為、現状株式よりリスクが高い
・日本RIETはその構造に問題がある
・そもそも株式に不動産株が含まれているので不動産セクターが重複する
・REITは借入を多くしている為、世界的なゼロ金利脱却へ向かう流れを考えると金利上昇に弱いのは不利

最後の金利の動向については、長期投資にあまり相場感は持ちたくないですが、相場感のレベルを超えているくらい当然の話しなので気になるところです。
金利上昇に備えて日本債券を個人向け国債にされている方がほとんどですし。

実はREITは個人的に好きな商品なのですが、上記のような理由を考えると無理にポートフォリオに組み込む必要がないのではと思います。

また、RIETはポートフォリオの10%程度とすべきという意見が大半かと思いますが、10%の為に保有する商品を2~3増やすのも管理が頻雑になるなと考えます。

バランスファンドに10%程度REITを含むというちょうど良い商品がないというのも理由です。
インデックスバランスオープンはGDP比率でREITも含んでいるのですが、REIT20%ですし。。
それとブロガーのどなたかも仰っていましたが、競馬のレース名のような名前もちょっと 笑

名前の話で言うとたわらノーロードのダサさは凄いですね。
生涯積立てていくのを躊躇するような名前ですw

ただ、REITに投資する事になったらたわらシリーズは大本命の商品になります。
信託報酬が最重要な要素である事は疑いの余地もありませんが、投信会社の方にはその名前にも、もう少し気を使ってもらいたいです。

低コストインデックス投信の設定の背景は高齢者ではなく、若年層の取り込みにあると考えていますので、たわらにする必要ないと思います。

上記踏まえ、私は「世界経済インデックスファンド」という名前が気に入っているので、投資を行っています。
世界経済インデックスファンドにREITが含まれていないので投資していません。
※というのは冗談ですが、全て冗談というわけでもありません。


※私個人の見解ですので、投資は自己責任でお願い致します。

関連記事

スポンサーリンク

プロフィール

ドンタロー

Author:ドンタロー
IT企業に勤める30代半ばのサラリーマンです。

インデックス投資は2013年くらいから始めました。

follow us in feedly


ブログ内検索

ブログランキング

↓ブログランキングに参加しています。

おすすめ書籍

節約こそが資産を築く



インデックス投資の基本

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター