記事一覧

eMAXIS Slimシリーズの設定

eMAXIS Slim画像

eMAXIS Slimというシリーズが設定されるようです。

既存のeMAXISシリーズの信託報酬を下げるのではなく、新たにSlimシリーズというものを設定して、国内、先進国の株式、債券の4ファンドを設定するようです。流石に既存のファンドの値下げを行うことは難しかったようです。eMAXISはたくさんの証券会社、銀行で販売されているので当然でしょう。

業界最低水準を目指す運用方針?


このシリーズは常に業界最低水準の信託報酬を目指すという運用方針らしいです。最低水準なだけで最安を狙う気はなさそうですね。最安を狙ってしまうと、ニッセイアセットあたりと信託報酬値下げの消耗戦になってしまうからでしょう。

マザーファンドは既存のeMAXISと同じものを利用するようですので、安定した運用が期待できます。こうなると新興国株式に期待ですが、最低水準を目指すだけでは、たわらの新興国と同水準になる程度ということになります。

最低水準に合わせるだけとなると、実質コストが判明するまで積極的にファンドの乗り換えを行う投資家は少ないのではないでしょうか。いまいち、やる気を感じない気がするのは私だけしょうか。

いまいちやる気のないeMAXIS Slimシリーズに臨むのは、ズバリ全世界株式インデックス(日本含む)です。以前、設定して欲しいファンドのアンケート調査を行った時に、設定されそうでされなかったこのファンドを設定してくれたら、乗り換えますよ。

コスト競争に参加する気がないのなら、得意のバリエーション展開で勝負して欲しいものです。

関連記事

スポンサーリンク

プロフィール

ドンタロー

Author:ドンタロー
IT企業に勤める30代半ばのサラリーマンです。

インデックス投資は2013年くらいから始めました。

follow us in feedly


ブログ内検索

ブログランキング

↓ブログランキングに参加しています。

おすすめ書籍

節約こそが資産を築く



インデックス投資の基本

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター