記事一覧

新興国はもう成長しないのか?

最近インデックス投資をされているブロガーさんの中に新興国への投資比率を縮小されている方をちらほら見かけます。

近年の新興国株の軟調さから、先進国よりもリターンが低いのに新興国の方がリスクが高いのはナンセンスだという意見が多いように思います。

また、新興国の成長の果実を享受しているのは先進国であるとか、新興国の成長は既に株価に織り込み済みだったとか様々かと思います。

仮に現在はそうであったとしても、将来の事はわかりません。
であれば、やはり将来一番成長が見込めるのは新興国なのではないでしょうか?

とすれば、現在は新興国株が安く買えていて絶好の仕込みの時期ではないか?

私はそう考えていますので、新興国への投資比率が高い世界経済インデックスファンドに投資しています。

新興国株については、上述の通りですが新興国債券についてはこちらの記事で書いた通り、意味が無いとは言い切れないとのスタンスから投資をしています。

また、私のインデックスによれば、株式・債券の中で過去20年間で最もリターンが良いという結果も出ています。
加えて株式よりもリスクが低いです。
※信託報酬等は考慮していません。

過去のリターンは将来のリターンとは関係ないと言われますが、過去のリターンが良くないからと新興国株への投資を縮小している風潮を考えると、新興国債券に投資をするのもアリなのではと考えています。

関連記事

スポンサーリンク

プロフィール

ドンタロー

Author:ドンタロー
IT企業に勤める30代半ばのサラリーマンです。

インデックス投資は2013年くらいから始めました。

follow us in feedly


ブログ内検索

ブログランキング

↓ブログランキングに参加しています。

おすすめ書籍

節約こそが資産を築く



インデックス投資の基本

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター