記事一覧

各口座での投資信託購入方法について

money


私の会社は確定拠出型年金(IDECO)を導入していませんので、個人型のIDECOを導入しようかと考えています。

NISAも利用していますので、IDECOを利用し始めると、特定口座・NISA・IDECOと3種類の口座で投資信託の積立を行うことになります。

今まで、私はバランスファンド(世界経済インデックスファンド)に投資したり、全世界株式の登場を待ち望んでいましたが、口座が3種類になってくると、全て(特にIDECO)の口座で同じ商品がそもそも存在しないということがわかりました。

ということは、自分にぴったりなバランスファンド(ここでは全世界株式もバランスファンドと扱います)を見つけたとしても、そのファンドがIDECOにあるかどうかは別の話になってきます。特定口座、NISA口座で同じバランスファンドはあるかもしれませんが、IDECOとなるとなかなか難しくなってきます。特に私が愛用しているSBI証券では。。

そうなってくると、全ての口座を合わせた状態で自分の目指すアセットアロケーションを作り上げなければなりません。

今考えるとバカな話ですが、私はNISA口座と特定口座で同じ比率で投資信託を購入していました。つまり、NISA口座でも先進国60%、新興国30%、国内10%、特定口座でも・・・・・と言った具合です。

IDECO開設を視野に入れた際に、SBI証券のIDECOには新興国株式に投資するまともな投資信託(Exe-iはありますが、指数がMSCIではないので躊躇します)が存在しておらず、初めてこの問題に気付きました。

この問題に直面すると、IDECOでは先進国株式だけを限度額いっぱい購入し、NISAでも先進国株式だけを購入し、残りを特定口座で購入すれば良いんだと考えられるようになりました。何を今さらと思う方もいらっしゃるでしょうが、ここへ来てやっと投資信託は各アセット個別で購入していくべきだと結論を出せました。

IDECOの問題に関わらず、今後もアセット毎に個別で購入しておいた方が良かったと思うことは多いのではないかと思います。取り崩し時にたくさんの投資信託を保有していると、大変かもしれませんが、現時点でたくさんの投資信託を保有してしまっており、来月からバランスファンドに乗り換えることになったとしても、保有している投資信託を全売却することは考えていませんので、大して変わらないかなと思います。

関連記事

スポンサーリンク

プロフィール

ドンタロー

Author:ドンタロー
IT企業に勤める30代半ばのサラリーマンです。

インデックス投資は2013年くらいから始めました。

follow us in feedly


ブログ内検索

ブログランキング

↓ブログランキングに参加しています。

おすすめ書籍

節約こそが資産を築く



インデックス投資の基本

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター