記事一覧

価格決定について

雑談になりますが、、

いま日本はセール期間中だと思います。
今日も買い物にでかけましたが、お店はセール目的のお客さんでごった返していました。

個人的にはセールで50%オフで購入できた商品は1万円の価値の商品が5千円で買えたわけではなく、本来5千円の価値の商品を1万円で売ってしまった。が正しいと思っています。

お店側が価格設定を誤った、あるいは原価や販管費を考慮してその値段を付けざるを得なかっただけだと思います。

そんな風に思っているので、基本的にセールを待って買うという事はしていません。

欲しいと思ったものは欲しい時に買うようにしています。
後でセール価格になっていてもまぁしょうがないかと思っています。

ただ、冒頭の価格設定を誤ったという説にはもう少し複雑な状況が絡んでしまっていると思います。

それは毎年決まった時期にセールが行われるのをほとんどの消費者が知ってしまっているからです。

そうなればセール時期がせまれば買い控えが起きてしまいますし、不人気なものが売れ残るのではなく、人気の商品だけが売れるという事になってしまいます。

このような状況になってしまっていますので、正しい価格形成がされていないのではないかという事を考えてしまいます。

かといって、セールを行わないわけにはいかないので、同じ事を繰り返しているという状況なんだと思います。

どちらにしろ、適正な価格設定のものは、セール前に完売してしまいますので、セールでお得に買えたと喜ぶ前に本当に定価の価値がその商品にあったのか考えてみると良いかもしれません。

関連記事

スポンサーリンク

プロフィール

ドンタロー

Author:ドンタロー
IT企業に勤める30代半ばのサラリーマンです。

インデックス投資は2013年くらいから始めました。

follow us in feedly


ブログ内検索

ブログランキング

↓ブログランキングに参加しています。

おすすめ書籍

節約こそが資産を築く



インデックス投資の基本

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター