記事一覧

バランスファンドを積み立てる事について再び考えてみる

バランスファンドについて、再度考えてみたいと思います。

私は世界経済インデックスファンドを積み立てていますが、もともとは個別インデックスファンドを積み立てていました。

こちらの記事でも書いていますが、とにかくポートフォリオをいじりたくなってしまうのです。

個別インデックスファンドを積み立てていて、信託報酬が安いものが出る度に乗り換えていると所有するファンドがどんどん増えていきます。

リバランスするのも大変(面倒)になります。
そして良くバランスファンドではなく、個別インデックスを購入して、日々の各アセットクラスの値動きを知るのも大切だと言われます。

ただ、私は個別のインデックスファンドを保有していなくても、毎日eMAXISのホームページで各アセットの値動きを確認しています。

これは別に値動きを把握しようという考えの元行っているのではなく、ただ気になるからです。

個別インデックスファンドを保有している状態で、証券口座を眺めていると、「おぉー今日はこのアセットが上がって、このアセットが下がったなぁ、最近このアセットは調子良いなぁ・・・買い増そうかな!!」みたいなバカな事を考え始めてそれを考えているのが楽しくなってしまっていました。

これをやっていたところ、ポートフォリオの変更が頻繁に発生してしまい、もの凄く効率が悪くなってしまっている事に気が付きました。

ただでさえ、私がインデックス投資を始めた時期は次から次へと低コストのインデックスファンドが設定されている時期でしたから、低コストを追い求めるだけでも、積み立てるファンドの変更はしょっちゅうでした。

世界経済インデックスファンドに落ち着いてからもポートフォリオをいじくりたい思いは中々おさまりません。

この気持ちを抑えるためにブログを始めたと言っても過言ではありません。

ブログで資産運用についての自分の考えや思いを綴っていると自分の証券口座があまり気にならなくなり、お金に関わる事を書いているのに自分のお金に興味が無くなっているように感じます。

年明けから続いている株価下落もいくら損したかなど気にならないし、把握していません。

把握するのは月1回の積立報告の時だけで良いと思っています。
月1回でも多いかもしれませんけどね。

結局、私がバランスファンドを積み立てているのは自分の性格によるところが大きいです。

個別で積み立てるよりも、バランスファンドが最強なのではとの考えももちろんあります。

ポートフォリオが気にならない悟りの境地に達した時、個別インデックスファンドを積み立てる日が来るかもしれません。

その頃には一体どれだけ低コストになっているのでしょうか。
超低コストのバランスファンドも登場しているかもしれません。

その時にはやはり、自分に合った最良と思われる選択をしていると思います。

関連記事

スポンサーリンク

プロフィール

ドンタロー

Author:ドンタロー
IT企業に勤める30代半ばのサラリーマンです。

インデックス投資は2013年くらいから始めました。

follow us in feedly


ブログ内検索

ブログランキング

↓ブログランキングに参加しています。

おすすめ書籍

節約こそが資産を築く



インデックス投資の基本

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター