記事一覧

eMAXIS バランス(8資産均等型)

私が現在バランスファンドを積み立てているという関連で、インデックス投資において有力な選択肢になると思われる他のバランスファンドについて考えてみたいと思います。

第1回はeMAXIS バランス(8資産均等型)について書きたいと思います。

FOY2015でも6位に選ばれた上記のファンドは、国内・先進国・新興国、株式・債券・RIETと幅広いアセットに均等に投資を行うというファンドになります。

資産配分比率


具体的な投資対象アセットと投資比率は下記となります。



実は私がインデックス投資に興味を持って一番最初に投資先として考えたのが、このファンドでした。

理由は何か色んなアセットにたくさん投資できるし、均等配分て何かわかりやすいしすっきりしてるみたいな感じでした。

ただ、専門家の方に言わせるとそもそもアセットの区切り方次第でいかようにでも資産配分が変わってしまうので、この資産配分には全く意味はない。ただリスク計算してみたらちょうど良いから出してみようみたいな商品だという事のようです。

確かに、先進国株式と新興国株式を合わせて外国株式というアセットとして扱ったら、新興国への投資比率もリスクも全く変わってしまいますね。

初期にeMAXISシリーズに存在したアセット全て詰め込んだ感はありますよね。
何故9資産均等じゃないのかって、このファンド出した時に新興国REITファンドが無かったからみたいな。。

もしかしたら、当初から新興国REITがあってもリスクやREITへの投資比率を考えて加えていなかったのかもしれませんが。

それでもFOYで世界経済インデックスファンドよりも上位にいることからわかるように、たくさんの個人投資家の方から支持されているバランスファンドです。

何というか理屈じゃないし、過去リターンもそれなりに良いしって事なんだと思います。
後均等配分なので、個別ファンドをくっつけやすいというのも人気の理由かと思います。

私の投資対象としてはどうか?


個人的には9資産均等のファンドがあればそれに投資したいなと思っていたりもします。
あるいは、金とか含めて10資産均等とか、理論的には全くダメダメかもしれませんが、均等配分が個人的に凄く好きだったりします。

じゃあ、なぜ世界経済インデックスファンドを積み立てているのかというと、長期の視点に立った時に現在の国内株式の好調と世界的なREITの好調がいつまで続くのかという事を考えると、疑問を感じたからです。

8資産均等の近年の好調はアベノミクスによる国内株式と国内REITの値上がりと、世界的なREITの好調によるところが大きいと考えているので、REITが20~30年後に市場規模も大きくなって順調に値上がりしてるのかどうかがわからなかったからです。

わからないものに投資をするなと良く言われますので、それに従い世界経済インデックスファンドを選ぼうと決めました。

まぁ、今そう思っているだけですので、あまりにREITが上がり続けたら方針変更するかもしれません・・


まとめ


eMAXIS バランス(8資産均等型)について書いてみましたが、理論的にダメかもしれないが投資家には受け入れられているし、私も機会があれば投資する事になるかもしれない優良ファンドだと思います。

ただ、eMAXISの方針を見る限り今後の信託報酬の値下げはあまり期待できないのかなと思います。

昨今の信託報酬値下げ合戦には参戦せず、多種多様なアセットを用意して投資家のニーズに答えようという戦略のようですので。。
REITも地域別のものを出すようです。

個人的には地域別の株式ファンドを出してもらいたいですけどね。
あと日本を含む全世界株式ファンドもです。

本筋から逸れてしまいそうですのですので、以上にします。

バランスファンドについて考えるはシリーズにしてまた次回別のファンドについて考えていきたいと思います。

関連記事

スポンサーリンク

プロフィール

ドンタロー

Author:ドンタロー
IT企業に勤める30代半ばのサラリーマンです。

インデックス投資は2013年くらいから始めました。

follow us in feedly


ブログ内検索

ブログランキング

↓ブログランキングに参加しています。

おすすめ書籍

節約こそが資産を築く



インデックス投資の基本

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター