記事一覧

無リスク資産

年明けからの株式の下落も、一昨日の日銀のマイナス金利導入によって、反発して1月を終えた形になり1月通しての株式下落率は結局10%程度となりました。

結果だけ見ると暴落と呼べるようなものではありませんでしたね。
この先どうなるのかはわかりませんが・・・

無リスク資産は公開すべきなのか?


巷では投信ブロガーの方々はリスク資産のみ公開されている方が多く、実際にはリスク資産と同じ額の無リスク資産を持っていたり、生活防衛資金として生活費の何か月(何年)分を保持されている方がほとんどです。

中には無リスク資産含めて全て公開されている方もいらっしゃいますが、公開されていない方がほとんどですし、1か月の生活費がいくらかなんて、家庭によりますから20万の家庭もあれば40万ないと無理という方もいるのではないかと思います。

こうなってくると、ブロガーの方のリスク資産のみを参考にしてポートフォリオを組んでみたけど、生活防衛資金の金額が大きく乖離していた場合、資産全体を見た時のポートフォリオはリスクもリターンも全く違うものになってしまいます。

だからと言って無リスク資産も金額ベースで公開しろという訳にはいかないので、自分自身で自分の生活に合わせて考える必要があるなと思います。

加えて、既婚者で夫婦共働きである場合に夫婦の収入を合わせて投資してらっしゃる方や、自分の資産のみで投資されている方と様々ですので、もの凄いリスクを取っているように見えても実は家計の半分は預貯金なんて場合もしばしばあるのではと思います。

何を隠そう私もその1人です。

私個人の資産のみで投資を行っているので、嫁さんがどんな形態で資産を持っているのかすら知りません。
多分銀行預金だけのような気がしていますが。。

ちなみに私も生活防衛資金として2年分の生活費を別で保持していますが、本当に2年分なのかどうかと言われると定かではありません。

想定としては、生活防衛資金を切り崩すような状況は非常事態であると考えていますので、現在の1か月の生活費を想定していません。

非常事態が訪れているのに、呑気に洋服買ったり、高級フレンチ食べに行っている場合ではないですよね?
※普段から高級フレンチ食べに行っている訳ではありません。

最低限生活していける金額の2年分を想定して確保しています。


現在の株価下落のタイミングで、これから投資を始めようとされている方がそんなにいるとは思いませんが、もしそういう方がいらっしゃるなら、インデックス投資のどんなブログを見ても必ず書いてある「生活防衛資金」の確保については、自分自身の生活や自分の性格についてきちんと把握した上でどのくらいの金額を確保すべきなのか決めるべきかと思います。

関連記事

スポンサーリンク

プロフィール

ドンタロー

Author:ドンタロー
IT企業に勤める30代半ばのサラリーマンです。

インデックス投資は2013年くらいから始めました。

follow us in feedly


ブログ内検索

ブログランキング

↓ブログランキングに参加しています。

おすすめ書籍

節約こそが資産を築く



インデックス投資の基本

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター