記事一覧

全世界株式インデックス(日本含む)が欲しい

私は今世界経済インデックスファンドを積み立てていますが、その理由は下記の記事等々で書いた通りです。
世界経済インデックスファンド

とにかくシンプルに投資を完結させたい


債券を半分含んでいるバランスファンドへ投資していますが、過去記事にも書いた通り以前は株式のみインデックスファンドで保有して、後は無リスク資産を調整するという方法で投資を行っていました。

私が世界経済インデックスファンドへの投資を始めてから、インデックスファンドの低コスト化がさらにすすみ個別のインデックスファンドは魅力的なコストになってきています。

私はなるべくリスク資産の投資はシンプルにしたいので、できれば1つの投資信託で完結させたいと思っています。
一時金が入り追加投資する時や、取り崩し時の簡易さも考えた上でそのような結論に至っています。

株式のみに1本で全世界に分散できるファンドが存在しない為、株式と無リスク資産のポートフォリオを組む為には最低2ファンド必要になります(国内株式と全世界株式(日本含まない))

日本の成長性は特に高いと思っていませんが、世界株式の時価総額10%弱を占める日本を除外して投資するのも感覚的に嫌なので、できれば日本への投資は少ない比率であってもしたいと考えています。

先日たわらノーロード新興国株式が設定されたというニュースを見て、いよいよ低コストの全世界株式(日本含む)が登場しても良いのではないかという期待が膨らんできました。

全世界株式ってGDP比率が良いんじゃなかったの?


私は世界経済インデックスファンドに投資する理由の1つとして、新興国により比重を置くGDP比率であるからと書いてきているかと思いますが、もちろん世界経済インデックスファンドの株式のみが登場してくれるのが1番ありがたいと思っていますが、最近は時価総額比率でも構わないかなと思っています。

理由がどうというか、1本で済ませたいので登場した全世界株式(日本含む)が時価総額比率なら別にそれで良いやというだけの話です。

ただ実際にそういった商品が登場したとして、即乗り換えを実行するかというとそうではなくて、まず現在世界経済インデックスに積み立てている部分をどうするのか?
全て売って乗り換えるのか?
このままで今後の積立のみ乗り換えるのか?
そうなると自分のポートフォリオのリスクが把握できなくなるのでは?

上記のような問題というか悩みが発生してくるので、実際にどうするかはわかりません。

悩みの種になるくらいならそんな商品が出てこなければ良いとも思いますが、出てきて欲しいという希望もあります。

選択肢が多すぎるのは必ずしも良い事ばかりではないと考えていますが、ちょっと悩んでみたいかなとも思っています。

関連記事

スポンサーリンク

プロフィール

ドンタロー

Author:ドンタロー
IT企業に勤める30代半ばのサラリーマンです。

インデックス投資は2013年くらいから始めました。

follow us in feedly


ブログ内検索

ブログランキング

↓ブログランキングに参加しています。

おすすめ書籍

節約こそが資産を築く



インデックス投資の基本

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター