記事一覧

投信マイレージのキャッシュバック分を再投資

タイトルの通り、SBI証券の投信マイレージが1万ポイント貯まりましたので、1万2千円のキャッシュバックを受けて追加投資を行いました。

面倒なので、次回積立時に合わせて投資する場合もありますが、基本的には投資余力が1万円を超えた段階で随時積立を行っていく方針です。

本当は3月分のキャッシュバックで1万ポイント貯まっていたのですが、気づかずに今月となってしまいました。

キャッシュバック金額はバカにならないかも。。


SBI証券がポイント付与方法を変更してから、SBIポイントへの自動移行がされなくなりましたので中々気づきにくくなってしまいました。

法律的な問題があるのでしょうが、自動移行がなくなった上にSBI証券サイトでの投信マイレージの確認方法も非常にわかりずらく、忘れさせて有効期限切れを狙ってるとしか思えないような仕組みになっています。

とはいえ、SBIカード保有者であれば0.24%の還元となりますので、単純に信託報酬からマイナスするとかなり有利な条件で投資信託を保有できる事になります。

私の現在の投信残高ですと4ヶ月に1回キャッシュバックされる事になりますので結構な頻度でキャッシュバックされる事になります。

いつ無くなってしまうかわからないサービスとはいえ、かなりメリットを享受できていると考えています。
私が積み立てている世界経済インデックスファンドは信託報酬0.5%(実質コスト0.6%程度)となっており、どの証券会社で購入したとしても同じ信託報酬です。
DC世界経済インデックスファンドですら同じ信託報酬ですので、1番お得に世界経済インデックスファンドで運用できている事になります。

ファンド自体の信託報酬が引き下げられるのが1番ですが、例えば0.27%あたりを下回ってくると投信マイレージ対象外となりますので、現状は0.3%代あたりが投信マイレージを考慮すると最もコストが安いファンドになります。

この状態自体がおかしい気もしますが、SBI証券もこんな低コスト化するとは想定していなかったのではないでしょうか?

さすがに新興国が多く含まれている世界経済IFの信託報酬が0.2%代になる事はないと思いますので、まずは0.45%あたりまで引き下げてくれる事を期待しております。

関連記事

スポンサーリンク

プロフィール

ドンタロー

Author:ドンタロー
IT企業に勤める30代半ばのサラリーマンです。

インデックス投資は2013年くらいから始めました。

follow us in feedly


ブログ内検索

ブログランキング

↓ブログランキングに参加しています。

おすすめ書籍

節約こそが資産を築く



インデックス投資の基本

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター