記事一覧

無リスク資産とリスク資産の比率について

前回書いた通り、私は世界経済インデックスファンドに投資しています。
バランスファンドはそのポートフォリオ内に債券を含む事がほとんどですが、債券を含めるようにしたのには経緯があります。

私も以前は株式のインデックスファンドと無リスク資産(預金と個人向け国債)を半々で保持という戦略を取っていた事があります。

なぜ債券を含むバランスファンドにしたかという事について、私が良く拝見させて頂いているカン・チュンドさんのブログで以前下記のような記事を書かれていました。


2.投資に回すお金(ポートフォリオ)の中でも
無リスク資産(安全資産)を持つ。

という【アドバイス】を行っています。


なぜならヒトは、

『いくら儲けた、いくら損した』
という感覚を、

投資を行っている資金の中で
持つ傾向があるためです。


カン・チュンドのインデックス投資のゴマはこう開け! 無リスク資産とリスク資産の比率について



カンさんが仰っているいる事と私がしている事は一致してはいないのですが、私はリスク資産として管理する中に債券資産を持つ事という受け取り方をしました。

まさに株式インデックスファンドと無リスク資産のみでポートフォリオを形成していた時に仰られている通りの事を感じたからです。

仮にリスク資産の株式部分が半分になったとしても資産全体としては4分の1しか減っていないのですが、証券口座を眺めていると半分減っているように思ってしまうのです。
バカなんでしょうかね。。

また、カンさんはまとまった資金がある時の投資方法について、1年~2年かけて分割して投資するという事を推奨されています。

長期投資としては投資可能なまとまった資金を投資しないで保持しておく事は機会損失だと言われますが、実際1000万単位のお金があったとして、いきなり全力で買い付けるのは勇気のいる行為だと思いますし、しばらく値動きが気になってしかたないと思います。

理論だけではなく人間感情の部分を考慮して投資方法を決めていくという事は大事だと最近気づいてきました。


それでも私自身は感情を挟まずに合理的に効率良く運用していきたいという理想を持ってはいます。
けれども人間は感情の生き物であるという持論もありますので、柔軟にやっていきたいと思います。
関連記事

スポンサーリンク

プロフィール

ドンタロー

Author:ドンタロー
IT企業に勤める30代半ばのサラリーマンです。

インデックス投資は2013年くらいから始めました。

follow us in feedly


ブログ内検索

ブログランキング

↓ブログランキングに参加しています。

おすすめ書籍

節約こそが資産を築く



インデックス投資の基本

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター