記事一覧

続・もしも今からインデックス投資を始めるなら!

前回エントリーでバランスファンド1本は良いとの記事を書いたばかりですが、もしも今からインデックス投資を始めるならの続編を書きたいと思います。

過去記事はこちら
もしも今からインデックス投資を始めるなら!

5資産均等





均等配分というわかり易い配分ながら、国内・海外比率、株式・債券比率ともにバランスが良いです。
リスクも抑えられていて非常に良い配分だと思います。

アセットクラス対象ファンド
国内株式ニッセイTOPIXインデックス
先進国株式たわらノーロード先進国株式
新興国株式たわらノーロード新興国株式
国内債券ニッセイ国内債券インデックス
先進国債券ニッセイ先進国債券インデックス


各アセットの信託報酬最安のファンドをチョイスしています。

実は世界経済インデックスファンドを積み立てる前の私のアセットアロケーションがこれでした。
私のインデックスで7月22日現在のリスクは12.6%となっていて、世界経済インデックスファンドよりも低リスクですが、実際の日々の値動きはこちらの方が激しい印象です。
もしかしたら、個別インデックスの値動きを見てしまっていたからかもしれませんが。

このアセットアロケーションで積み立てを行っている時に失敗したと思ったのが、毎月の積立時にリバランスしようとしてしまったところです。
投資資金を5分割して何も考えずに積み立てて、年に1回リバランスという仕組みにしておけばよかったと今は思っていますが、当時は毎月リバランスしようとしていましたので、都度特定口座とNISA口座の各アセットを計算して比率が下がっているアセットを購入するという作業をしていました。
この作業が面倒くさくなってしまったのが、続かなかった原因です。

今でのこのアセットアロケーションは好きなので、低コストのバランスファンドが登場したら乗り換えるかもしれません。

9資産均等





財産3分法に則ったアセットアロケーションです。株式・債券・不動産に均等に投資するというやつですね。
個人的には8資産均等よりも9資産均等の方が好みです。
ただ、新興国リート10%はだいぶリスクを上昇させてしまってはいますが。。
使用ファンドは最安値で選ぶだけなので省略。

10資産均等





9資産均等のリスク過剰を抑えることができるのが、ゴールドインデックスを加えた10資産均等です。
金自体は需給関係のみで価格が決定する為、何の価値も生まないと言われますが、不景気に上昇する傾向がありますし、日本債券と並んで良いクッション役になってくれるのではないかと思います。
使用ファンドは一般開放された「i-mizuho ゴールドインデックス」あたりでしょうか。
信託報酬もひところよりはだいぶ下がってきたと思います。

9資産より、リスクが下がるし割り切れるので積み立て設定が楽です…

資産形成の主力と呼ばれる先進国株式に10%しか投資しないというふざけたアセットアロケーションですが、その点では8資産均等もたいして変わらないので問題ないかなと思います。

まとめ


今回は均等シリーズで書いてみましたが、私は均等が好きです。左右対称も好き。
インデックスの中身が均等ではなく、時価総額比率なのはわかっていますが、表面的でも何でも均等配分が好きです。

均等配分だと各アセットの値動きを見てるのも楽しいです。
あぁ、今日はこれが下がったけどこいつが上がったおかげで±ゼロだみたなどうでも良い事考えてるのが好きなんです。

ブログの記事にすれば、気が済むかなとか思いながら普段考えている事を書いてみました。

最近は無理に制約を設けずに思うままに資産運用していけば良いかなと思い始めましたので、考えが変わってきたらその時にベストだと思うアセットアロケーションに変えていこうかと思います。

関連記事

スポンサーリンク

プロフィール

ドンタロー

Author:ドンタロー
IT企業に勤める30代半ばのサラリーマンです。

インデックス投資は2013年くらいから始めました。

follow us in feedly


ブログ内検索

ブログランキング

↓ブログランキングに参加しています。

おすすめ書籍

節約こそが資産を築く



インデックス投資の基本

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター