記事一覧

本当のリスク許容度を理解する術とは?

当ブログはインデックス投資をメインに書いているブログですので、インデックス投資におけるリスク許容度について書いていきます。

インデックス投資を始めようとすると、まず自分のリスク許容度を理解し、自己資産の中でどの程度の金額を投資にまわすのかということを決める必要があると言われます。

では、リスク許容度を理解してどの程度の金額を投資へまわすのかという難題をどうやって解決していけば良いのでしょうか?


無くなっても良い金なんてあるわけない!


今自分の全資産のうちいくらなら無くなっても耐えられますか?

というような問いかけを良くみかけますが、

「無くなっても許せる金なんてあるかボケッ!」

というのが素直な感想だと思います。

できれば元本割れリスク0の投資商品が良いのは誰でも一緒です。

いくらなら無くなっても良いか?というより、自分が作成したアセットアロケーションの期待リターンを得られるかもしれない代わりにいくらまでの損失を覚悟できるのか?ということです。

パチンコや競馬と似たような部分ではあるかもしれません。

元手の3万が0円になるかもしれないし、10万になるかもしれない。
10万にできる可能性がある代わりに3万全て失うリスクもある。

インデックス投資についてはここまで極端に10か0かではありませんが、3万が1万5千くらいになる可能性あるよといったところでしょうか。


本当のリスク許容度とは?


机上の理論ですべてうまくいくほど投資はあまいものではありません。

投資を始める前のあなたがシュミレーションで定義したリスク許容度が正しいかどうかなんて誰にもわかりません。

資産が半分になるくらい受け入れられると思っていても、実際に半分無くなってみたら耐えられないなんてことはザラにあると思います。

結局のところ、投資を始めて数回の暴落を経験しないと自身の本当のリスク許容度なんてわからないと思います。

全資産が100万の人が10万しか投資にまわさないとしたら、その10万が半分になったところで何も感じないかもしれません。

しかし、インデックス投資に限らず資産運用はその母数の大きさがものを言います。

少ない金額しか運用に回さなければ、それなりのリターンしか得られません。

10年運用して2倍に増えたとしても、上述の金額では10万が20万になり、総資産は110万です。

資産運用に何を求めているのか人それぞれだと思いますが、何の為に資産運用をするのかという事も考えておかないとどのくらいのリスクを取るべきなのかという事が見えてこないのではと思います。

私自身個別株をやっていた時代にリーマンショックを経験していますが、現在とは資産規模が違いますのであてになりません。
私もまた現在のリスク許容度が正しいのかどうか探り探りの状況であると言えます。

ちなみに私はリーマンショック時は仕事なんて手につかなくなるほどイライラしていましたし、信用取引の追証の入金遅れで口座凍結寸前まで追い込まれました。

少しすれば値を戻すだろうなんて僅かな希望を打ち砕くかのように毎日株価は下がり続けました。

あんな経験は2度としたくありませんが、資産運用もせずに現状維持のまま生きていくのはもっと嫌です。


まとめ


リスク許容度として、何%という比率で定義することが多いですが、資産規模が大きくなるにつれて金額が全く変わってしまうことに注意して下さい。

当たり前ですが、100万の50%は50万ですが、1000万の50%は500万です。

リスク資産が半分なくなっても良いとして積立を続けていたら、いつの間にか金額が大きくなりすぎて、許容範囲を超えていたなんてこともあるかもしれません。

そんな事にならないように、資産が積みあがるにつれてリスク許容度について再考する機会を設けるべきだと思いますし、私もそうします。

関連記事

スポンサーリンク

プロフィール

ドンタロー

Author:ドンタロー
IT企業に勤める30代半ばのサラリーマンです。

インデックス投資は2013年くらいから始めました。

follow us in feedly


ブログ内検索

ブログランキング

↓ブログランキングに参加しています。

おすすめ書籍

節約こそが資産を築く



インデックス投資の基本

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター