記事一覧

SBI証券が投信マイレージサービスをリニューアル

SBI証券

既に他の投信ブロガーさん達が記事にされていますが、私がメインで利用しているSBI証券が投信マイレージサービスを大幅に改善してきました。

内容は、今まで投信マイレージサービス対象外だった低コストファンドをマイレージ付与対象とすることと、月間平均保有額の計算対象になる点の2つです。ただし、マイレージ付与率は0.05%と低めで、月間保有額が1000万を超えた場合でも変わらず0.05%とのこです。

何だかなぁ...


このサービス改善は大変喜ばしいことなのですが、私は昨年アセットアロケーション変更に伴い、投資対象ファンドのほとんどが投信マイレージサービス対象外のファンドになったため、次回キャッシュバックを行ったらSBIポイントから住信SBIネット銀行へのキャッシュバック優遇のために保有していた、SBIカードを解約する予定でした。

しかし、このサービス改善によって、数年に1回はキャッシュバックできるようになるため、SBIカードを解約できなくなってしまいました。

別に解約すれば良いだけの話なのはわかっていますが、解約しずらくなっちゃったなということです。マスターカードの枠を他のカードに充てたいと思っていたのですが、住信SBIネット銀行のランク1アップもあることだし保有し続けることにしました。

昨年末にシンガポールに旅行に行った際に、まさかのマスターカードしか使えないという状況にぶつかり、SBIカードを家に置いていっていた私はカード決済を行う事ができませんでした。AMEXとVISAで十分と考えていたのにこんなことあるのかとへこんでしまいました。SBIカードの代わりとなるカードも思いついていなかったので、これからはSBIカードにも活躍の機会が訪れるかもしれません。

MASTER使えるのに決済できないことがあったり、ICチップついてなかったり不満が多いカードではありますが、我慢します。
年間利用額10万いかないと年会費取られるし、SBIポイントのキャッシュバック優遇がなかったら保有する理由を見つけることが非常に困難なカードです。

まとめ


いろいろ不満を書き連ねてしまいましたが、サービス改善自体はとても良いことだと思いますし、この還元水準であれば今後改悪の可能性も低いかなと思います(楽天証券の動向次第だと思いますが)。

関連記事

スポンサーリンク

プロフィール

ドンタロー

Author:ドンタロー
IT企業に勤める30代半ばのサラリーマンです。

インデックス投資は2013年くらいから始めました。

follow us in feedly


ブログ内検索

ブログランキング

↓ブログランキングに参加しています。

おすすめ書籍

節約こそが資産を築く



インデックス投資の基本

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター